在宅医療とは

通院が難しくなった患者さんに対して、医師や看護師などの医療従事者がその方の暮らしている自宅や施設に伺って行うものです。外来や入院に続く第3の医療とも言われています。

医師は普段から定期的(当院では、身体状況等の把握のため原則月2回の訪問としております。)に訪問し、また、緊急時には患者さんの依頼に応じて往診に赴き、診察や治療を行います。普段の定期的な診察によって病状の悪化を防ぎ、急な変化があっても早めに指示や対応ができれば、慌てて病院へ行く必要も少なくなります。

病院の医療が病気の治療を目的とするのに対して、在宅医療にはその人の生活を支えるという視点が必要になります。患者さんの背景、価値観、人生観、死生観に向き合うことも重要です。

ケアを提供する人たちともチームを組んで、住み慣れた環境で安心して暮らし続けられるように、必要とされる医療を提供することが在宅医療に求められている最も大切な役割です。

当院について

24時間体制

医療依存度が高い方や複数の疾患をお持ちの方でも安心してお過ごし頂けるよう、在宅療養支援診療所として医療的支援を行っています。
「在宅療養支援診療所」とは、安心して自宅で療養するために不可欠な24時間体制を確保した診療所です。当院は開設当初より指定を受けており、 「機能強化型在宅療養支援診療所」として届出をしております。

機能強化型在宅療養支援診療所とは
  • 複数の在宅療養支援診療所と連携を行い、24時間体制の強化及び継続的な在宅医療を提供できる診療所
  • 在宅医療実践の実績評価を条件とし、効率的で質の高い医療を提供するとともに、地域で安心して暮らせるための在宅医療の充実を目指すもの
強化型連携医療機関

患者を支える連携

医療と介護の連携を充実して、患者様により良い対応を提供する為に 当院ではMCS(メディカルケアステーション)による患者・家族・多職種の連携を行っています。 

メディカルケアステーションとは、これからの医療現場のニーズに対応すべく、スマートフォンなどのモバイル対応、だれでも簡単に利用できるタイムライン形式による情報共有、セキュリティに配慮した「完全非公開型」SNSなどの技術を駆使して開発された、病院、クリニック、介護施設、薬局など医療関連施設のための、医療に特化したソーシャル医療連携プラットフォームです。 ※MCSオフィシャルサイトより引用
→MCSオフィシャルサイトへのリンクはこちらから

xx
MCSご利用簡単ガイド

PDFを開く
ダウンロード

xx
MCS招待先ユーザー向けご利用ガイド

PDFを開く
ダウンロード

診察曜日月〜金
診察時間  9:00〜12:00
13:00〜18:00
休診日土 日 祝日

診察曜日月〜金
診察時間  9:00〜12:00
13:00〜18:00
休診日土 日 祝日